書く力

やらなくていいことをするぐらいなら寝ていた方がいいんだもの。

トイレ掃除をやっていたら彼女と56万円手に入れた話し

みなさんこんにちわ。

ハイパーメディアクリエイターのきりんです。

今日はスピリチュアルな内容を書きます。

「俺はスピリチュアルなんて信じねーよ!」

って人は読まない方がいいかもしれません。

逆に

「スピリチュアルな記事も書けるなんてきりんさん素敵!」

って人はぜひ読んで下さい。

嘘偽りなく本当の話しです。

トイレ掃除との出会い

まず僕とトイレ掃除の出会いを話します。

トイレ掃除をすると金運が上がるって話しを聞いたことがありますか?

僕が初めて聞いたのは20歳の頃。

ネットで見たのかテレビで見たのか覚えていないけど、トイレ掃除をすると「金運はもちろん人間関係も劇的に向上する」と紹介されてました。

当時の僕はバイト先に好きな女の子がいたけどなかなか付き合うまでに進展しなかった。

なんとか彼女と付き合いたいと思った僕は

「そうだ!トイレ掃除をして運気を上げて彼女と付き合えるようにしよう!」

と考えた。

今、思えば

「トイレ掃除をする前にさっさと告白しろよ」

って思うけどね。当時の僕はシャイ☆ボーイだったから。

告白どころか遊びに誘うこともできずにいました。

まさかの彼女からのアプローチ

それから僕は寝る前にトイレ掃除をすることを日課とした。

一度、深夜にトイレ掃除をしているのを母親に見られて

「大丈夫…?」

と今まで見たことのないような心配そうな顔で尋ねられたのも今ではいい思い出だ。

トイレ掃除を始めて三ヶ月後のことだった。

バイトが終わり帰ろうとしたとき。

気になっていた彼女から突然

「雨が強いので家まで送ってくれませんか?」

と言われた。

f:id:kirin0817:20170609203428j:plain

みたいな感じになりながらも彼女を家まで送り、その道中で遊びに行く約束をして最終的には付き合うことになった。

恐るべしトイレ掃除のパワー

社会人になってから

社会人になるとトイレ掃除のことなんてすっかり忘れて忙しい日々を送っていた。

そんなときある本に出会った。

小林正観さんの「そ・わ・かの法則」という本だ。

 

その本の中でトイレ掃除について書かれていた。

無限にお金が入ってくる方法は、三秒で言うことができます。それは、トイレ掃除をすること。トイレ掃除を続けていると、お金が無限に入ってきます。

この言葉に強烈に惹きつけられた僕は

「そうだ!トイレ掃除をしよう」

と再び寝る前のトイレ掃除を日課とするようになった。

奇跡は突然に…

トイレ掃除を始めて2ヶ月ぐらいたった頃。

出先で急遽、お金が必要になり、コンビニのATMでお金を下ろした。

お金を下ろし終わり画面に残金が表示されるとなにかおかしい…

「あれ?なんか多くない?」

画面には僕の予想していた金額より遥かに多い金額が表示されていた。

不思議に思った僕は家に帰り通帳を持ち銀行に向かった。

「56万円…?」

記帳すると勤務先からの入金だった。

僕はそれを見て

「経理馬鹿すぎだろ。間違えて入金してますわ」

と経理のミスを確信した。

そのままネコババする手も考えたが根が真面目な僕は経理に電話して間違いを指摘してあげた。

僕「なんか僕の口座に間違って56万円入金されてるみたいなんですけど」

経理「確認しますので少々お待ちください」

待ってる間にやっぱりネコババすれば良かったかなー。なんて考えていた。

経理「お待たせしました。それはインセンティブ報酬です」

インセンティブ報酬…?

インセンティブ(incentive)は「人の意欲を引き出すために、外部から与える刺激」のことです。例えばプロスポーツチームと選手が、成績による出来高制で契約を行う場合、「出来高の仕組みを選手に与えること」をインセンティブ(=動機付け)と呼びます。また出来高そのものをインセンティブ(=報奨)と呼ぶ場合や、まれにですが、そのようにして引き出される意欲をインセンティブ(=意欲)と呼ぶ場合もあります。

[三省堂辞書サイト]10分でわかる「インセンティブ」

確かにうちの会社はインセンティブ報酬を取り入れていた。

だけど今までもらったことは一度もなく一種の都市伝説だと思っていた。 

しかも56万円も…

そもそもインセンティブが貰えるほど僕の成績は芳しくなかった。

頭の中でぐるぐると色々な考えが混じり合う。

最終的には

貰えるもんは貰っておこう!

という結論に達した。

ちなみに僕は報酬を貰った半年後に退職したがその後は支払われていないらしい。

 

おわりに

トイレ掃除の力凄くないですか?

普通だったらトイレ掃除して金運や人間関係が良くなるわけないだろって思うけど実際に体験すると信じてしまいます。

それでも「たまたまだよ!」って言われればそれまでですけどね笑

信じる人は是非、やってみてください。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

広告を非表示にする