書く力

やらなくていいことをするぐらいなら寝ていた方がいいんだもの。

凄く嫌なことを避けるために小さな嫌なことを続ける人生ってどうなのよ?

f:id:kirin0817:20170602114046j:image

みなさんこんにちわ。

今日はちょっと真面目なトーンのきりんです。

僕もいよいよあと2ヶ月で30歳。

より充実した30代を過ごすためにもどうしても考えておかない問題があります。

それは

凄く嫌なことを避けるために小さな嫌なことを続ける人生ってどうなのよ?

ってことです。

 分かりやすく例えるよ

「こいつなに言ってるんだ?」って質問はごもっとも。

分かりやすくするために「凄く嫌なこと」っていうのを「夏休みの宿題」に置き換えてみる。

そうすると

「夏休みの宿題を最終日まで残しておくと大変だから毎日、少しづつやりましょう」っていうことになる。

夏休みの宿題ってめちゃくちゃ嫌じゃないですか?

僕はギリギリまで放置して最終日に絵日記を妄想日記として完成させるタイプの子どもでした。

 

 

何が問題なの?

「その考えのどこが問題なんだよ!」っていう疑問は当然あると思います。

確かに夏休みの宿題だったら毎日コツコツ終わらせていく。

これが最もスマートな夏休みの宿題の終わらせ方。

ただ、これが

一人の人間の生き方だったらどうだろう?

って考えちゃう。

そんなお年頃。

人生には夏休みの宿題よりもっと複雑な宿題が山のようにある。

そしてその解決法として僕がやってきたのはスマートな夏休みの宿題の終わらせ方と同じく「凄く嫌なことをしなくていいようにコツコツ嫌なことを続ける」っていう解決法。

仕事だったら

「降格しないようにちょっと嫌な仕事ぐらいならドンドン引き受ける」

人間関係だったら

「グループの中で孤立したくないから本当は行きたくない飲み会に行く」

みたいな感じ。

そして一番タチが悪いのは人生の宿題は夏休みのように1ヶ月では終わらないってこと。

仕事だったら定年までの40年くらい。

人間関係だったら死ぬまでつきまとう問題もあると思う。

つまり人生の大部分を凄く嫌なことを避けるためにコツコツ小さな嫌なことを続けることに使うわけです。

これって

けっこうエグくないですか?

 

僕はハッキリ言って

もうそんなことしたくない!!

 

世の中そんなに甘くない

この話しを友達にするとだいたい

「でも、やりたいことだけやる人生なんてありえなくない?世の中そんなに甘くないよ」って答えが返ってきます。

 

そんなの分かってるわ!!!

 

僕だって社会人経験を積んできて世間の厳しさは十分に分かっている。

自分のやりたいことだけやって生きるなんて無理なのは分かってる。

でもね。

同じ嫌なことをやるにも

やりたいことのために嫌なことをする

っていうのと

凄く嫌なことを避けるために嫌なことをする

っていうのは天と地ほどの差があると思うんだよ。

2つの違いは?

やりたいことのためにする嫌なことはうまくいけば報われる可能性がある。

確かに嫌なことをいくらやってもうまくいく保証はない。

だけどうまくいけば自分の理想に前進しているわけだから報われる可能性はあるよね。

でも、凄く嫌なことを避けるために嫌なことをするっていうのは報われる可能性は低い。

理想に前進しているのではなく横にスライドしているだけだから。

言うなればゴールのない障害物マラソンを器用に走っているだけだからね。

じゃあどうするの?

ここまで答えが出たならあとは行動あるのみ!

 

今の仕事を辞めて昔からの夢だったバイオリン職人になるためイタリアに留学します!!

 

 

って言えたらめちゃめちゃカッコイイよなー。

実際の僕は

今の仕事を辞めてまでやりたいことはありません!!

って感じ。

「ここまで書いといてやりたいことないんかーーい!」

っていうツッコミはコメント欄にお願いします。

おわりに

こんなに長々と書いといて結果はまさかの現状維持

でもね。いいんです。

この答えを出すために散々、悩んできたから。

夏休みの宿題をスマートに終わらせるように人生の宿題も終わらせていく。

これが理想の人間だと思っていました。

でもほんとうのところは違うんだなって。

理想の人間っていうのは自分がどんな宿題をやるか自分で選べる人。

これが本物ですよ。

そんな30代に私はなりたい。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

広告を非表示にする