書く力

やらなくていいことをするぐらいなら寝ていた方がいいんだもの。

【2017年5月版】huluで見られるおすすめアニメをまとめたよ!【27作品】

みなさんこんにちは。

泰葉さんと一緒に坂口杏里さんを救済したいと思っているきりんです。

今回は2017年5月時点でhuluで見れる個人的なおすすめアニメをまとめて紹介するっていう内容です。

目次

この記事を書いたきっかけ

以前、書いた記事がきっかけでhuluに入会することにしました。 

 詳しくはこちらを参照

 

映画が見たくて入会しました。

だけどアニメだって見たいじゃない。

人間だもの。 

きりん

 

ということでアニメを見始めたら当初の目的をすっかり忘れ、アニメをエンドレスで見まくる毎日になっていました。

huluやべーっす。

引きこもり量産コンテンツですわ。

ということで失った時間を少しでも生産的なものになるよう、huluで見られる僕のおすすめアニメを紹介していきたいと思います。

配信作品については個人的な調べによるものなので詳しくは公式ページをご覧ください。

ARIA

 

 

未来の火星、アクアで観光水先案内人を目指す少女、水無灯里お仕事日常系アニメ

美しい風景と登場人物の心の暖かさが疲れた心を癒やしてくれる。

日常アニメでは途中で退屈することもあるが、この作品は穏やかなシーンの中にもストーリーとテンポがしっかりと作り込まれているので退屈することなく見ることができる。

忙しい人やイライラしている人にゆっくりと見て欲しい作品

 

DEATH NOTE

 

 

実写映画化、ドラマ化もされる程の一大ブームを作り上げた作品。

名前を書いた人間を死なすことができる「DEATH NOTE」を使い、新世界を作ろうとする夜神月と、それを阻止しようとする世界一の名探偵Lとの頭脳戦を描く。

設定、トリック、ストーリー、全てが見ている人の想像の遥か上を行く作品。

月とLとの頭脳戦はアニメ史上最高傑作だと思う。

頭脳戦が好きな人には絶対に見て欲しい作品

persona4 the ANIMATION

 

 

ペルソナ(感情の化身)を使い街で起こる怪事件を解決していくお話。

バトル、ミステリー、学園物をうまいことミックスさせた作品。

世界観がオシャレでスタイリッシュ!それだけでも高評価。

それに加えて作中で流れるBGMもかなりカッコよく作られている。

もちろんシナリオもバトルシーンと日常でのギャグシーンどちらも楽しめる絶妙なバランスになるように作り込まれている。

 

WORKING!!

 

 

ワグナリアというファミレスで働くスタッフ達の日常を描いた作品

日常系アニメに分類されるがキャラクターの個性が強すぎて日常系になっていないところがポイント!

テンポのいいストーリー展開とその中で繰り広げられる店員同士の掛け合いが秀逸。

店員同士の恋愛要素も描かれるがキャラクター同士の個性が強いためなかなかうまくいかず思わず「頑張れ!」と応援したくなる。

ほんわかとした気分で見れる作品

 

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない

 

 

幼い頃に交通事故で死んでしまった「めんま」がある日、幽霊となって現れる。

めんまの願いを叶え、成仏させるために疎遠になっていた仲間が集まり、それぞれの思いをぶつけながらも絆を取り戻していくお話。

「泣けるアニメは?」って聞かれれば必ず出てくるほどの泣きアニメの代表的な作品

主人公たちが高校生ということで高校生ならではの精神的な不安定さ、ストレートな心の叫びに思わず心が揺さぶられてしまう。

全部で11話と比較的に短いので集中して一気に見ることをおススメする。

見終わったら必ずめんま〜〜!!」と叫びたくなること間違いなし。 

 

スポンサーリンク 

うさぎドロップ

 

 

30歳の独身男、河地大吉はひょんなことから祖父の隠し子である鹿賀りんを引き取り一緒に生活することになる。

最初から最後までハズレ回のない良作品

作画、BGMともに丁寧に作り込まれている。特にBGMの使い方が非常にうまく心を揺さぶられるので原作を読んだことがる人が見ても改めて楽しめる。

子どもに慣れていない独身男と少女との掛け合いを見ていると思わず笑ってしまうが、同時に心も温まる

最終回も綺麗にまとめて終わってくれたので見終わった後に不思議とスッキリとした感じがした。

 

うたわれるもの

 

 

古代日本をモチーフにしたファンタジー世界での戦乱を描いた物語。

世界観の作り込みが素晴らしく、戦記物のアニメとして非常に完成度の高い作品。

最初は絵が苦手で見ようか迷っていたが、見始めると、どんどん世界観に引き込まれ最後まで見てしまった。見終わると最後まで見てよかったと素直に思える作品。

中盤までは戦闘シーンが多く、血なまぐさい表現もあるが途中に挟まれる日常回が良いクッション役を果たしている。

後半は超展開からの驚愕の真実と一気にスピードアップし、感動のラストへと繋がっていく。

 

カウボーイビバップ

 

 

 2071年の火星を中心とした太陽系を舞台にオンボロ宇宙船「ビバップ号」に乗って旅する賞金稼ぎ、スパイクの活躍を描くSFアニメ。

この作品はとにかくカッコイイの一言に尽きる。ストーリー、音楽、登場人物、セリフ全てが絶妙にマッチしていてドンドンのめり込んで見てしまう。

監督自ら「20分の映画」と言うほどに一話毎の完成度が高くとても1998年のアニメとは思えない。

大人が見て楽しめる作品。というか大人が見てこそ楽しめる作品。

作品の雰囲気も大人向けだが、何より登場人物が少年誌のヒーローとは違い、苦悩したり後悔しながらも日々をギリギリで生きている。そこがまた作品に深みを与えていると思う。

 

カレイドスター

 

 

アメリカにあるサーカス、ミュージカル、マジックを融合させたステージ「カレイドステージ」。苗木野そらはそんなカレイドステージに憧れ、単身渡米する。そこで様々な試練を乗り越え花形に成長していくお話。

とにかく苗木野そら何事も諦めない姿勢、挑戦する勇気に心を打たれる作品。

設定、ストーリーもしっかり作り込まれているので濃密な話しが多く、全50話と長いが飽きることなく見ることができる。

深夜枠ではなく朝に放送されていたアニメなのでメインターゲットは小学生だが先述の諦めない姿勢や挑戦する勇気は大人が見ても十分に感動することができる。

 

ギルティクラウン

 

 

アポカリプスウイルスにより無政府状態になった日本は超国家組織GHQの管理下に置かれていた。主人公の桜満集(おうましゅう)はひょんなことから「王の能力」を宿し反政府組織の葬儀社に加入することになる。

主人公がとにかくヘタレ

だけどそのヘタレっぷりが逆に物語に現実味を与えており、傷つけ合ったり裏切ったりと複雑な人間関係を描くことができている。

 

 スポンサーリンク

コードギアス反逆のルルーシュ

 

 

超大国ブリタニアの少年、ルルーシュブリタニア占領下の日本でギアスという能力を得て祖国に復讐するお話。

キャラ、ストーリー、戦闘、頭脳戦、特殊能力、心理描写、全てが超一級品の名作中の名作

一話毎 の引っ張る力がものすごく強く、一気見したくなる作品

見たことない人にはロボットアニメと思われていることも多いが、この作品の本質は頭脳戦と心理戦だと思っている。

主人公ルルーシュはアニメ界屈指のダークヒーローとして描かれているが人間的な脆さもうまく表現されており、心理戦や頭脳戦に深みを与えている。

絵が苦手で見ることを躊躇する人もいるが、ぜひとも見て欲しい作品です。

 

PSYCHO-PASS サイコパス

 

 

人間の心理状態を数値化することができる「シビュラシステム」によって犯罪者になる前に潜在犯として逮捕することができるようになった世界が舞台。

人間の心理を数値化するという斬新な設定と狂気的で残虐性のある演出が見どころ。

一期ではシビュラシステムという絶対的なシステムの前に意思をなくした人間に価値はあるのだろうか?人間の意思はもっと尊いものではないか?という哲学的なテーマも含まれている。

 

サムライチャンプルー

 

 

向日葵の匂いのする侍を探して、侍二人とお転婆娘が旅するお話。

設定は江戸時代となっているがヒップホップカルチャーやブレイクダンスの要素が取り入れており、かなり今風に仕上がっている。

時代劇とヒップホップカルチャーがこんなに合うとはこのアニメを見るまで知らなかった。

ギャグ回も面白いが最大の見せ場は殺陣シーン

軽やかな剣さばきと音楽が絶妙にミックスされていて、思わず見入ってしまう。

全体的にテンポよく進んでいくので一気に見れてしまう作品

 

シドニアの騎士

 

 

地球を追い出された人類が新しい住処を求めてエイリアン的な敵と戦うアニメ。

オートマのロボットが主流の中、マニュアルを運転させると誰よりも強い主人公という王道のロボットアニメ

世界設定、シナリオ、音楽、背景、全てが緻密に作られており、その上ラブコメも配置されているという全く隙がない。

テンポもちょうどいい速さで進んでいくのでダレることなく見ることができる。

 

ちはやふる

 

 

競技かるたで日本一になろうとする綾瀬千早を主人公とした青春アニメ。

競技かるたというマイナースポーツをテーマにしているが作品内で見どころやルールをうまく説明しているので置いてけぼりにならずに見ることができる。

カルタといっても文化系的なノリではなく、スポーツそのもの。

むしろスポ根アニメとして見たほうがいいんじゃないかと思うぐらい熱い青春シーンが各話ごとに見られるのもおススメポイント。

 

スポンサーリンク 

ラブライブ

 

 

僕はラブライブというアニメより先にラブライバーと呼ばれる人達のことを知っていたで、なんとなく敷居を感じて見るのをやめていた作品。

見た感想はめちゃめちゃ面白い!食わず嫌いはいけませんね。

アイドルのキャピキャピしたお話かと思って見始めたが、実際は圧倒的に厳しい周りの目を努力と友情で変えていくという成長物語。

この作品の魅力はなんといっても音楽

完成度の高い作品中の音楽はアルバム化されて大ヒット。声優達で結成された「μ's」は紅白歌合戦に出場するほどの人気となった。

 

逆境無頼カイジ

 

 

借金まみれのダメ人間、伊藤カイジが借金の返済のため命を賭けたギャンブルに挑戦していく話し。

金と欲望に塗れたキャラクターと人間の心理をうまく表現した名言が見どころ。

人間のずる賢さや欲望に負けてしまう心理なんかを見ているとドンドン作品内に引き込まれていく。

トーリーやギャンブルのルールは非常に作り込まれていて思わず感心させられるほど。

独特な絵で敬遠する人も多いが慣れればなんとかなるので是非、見て欲しい作品の一つ。

 

銀魂

 

 

天人(あまんと)と呼ばれる宇宙人に占領された江戸時代末期の日本が舞台。

銀魂と言えばギャグアニメと思っている方も多いと思うが、シリアスな戦闘回も非常に魅力的な作品。

ギャグ回では個性の強いキャラクター達が圧倒的なセリフ量と放送コードギリギのパロディネタで見ている人を楽しませてくれる。

一方でシリアス回では普段はおちゃらけているキャラクター達の「過去」をクローズアップすることでギャップを作り出すことで痺れる展開を作り出している。

 

坂道のアポロン

 

 

1966年の長崎が舞台。ジャズにハマった高校生とその周りで起こる恋愛模様を描いた作品。

とにかくジャズの演奏シーンがカッコイイ

1966年が舞台なので絵柄や雰囲気は古臭いが、逆に古臭さがジャズとの親和性を高め、ジャズの魅力を最大限に引き出している。

 

弱虫ペダル

 

 

オタクな高校生、小野田坂道が自転車競技部に入り活躍する本格的なスポーツアニメ。

日本ではまだマイナーな自転車競技を題材にしているが自転車競技の魅力や奥深さがしっかりと伝わってくる。

作り手のストーリー展開や見せ方が非常に上手で試合の盛り上がり方はサッカーアニメや野球アニメなどの道スポーツアニメに引けを取らない

自転車愛に溢れた作品なので見ているとつい自転車に乗ってみたくなる。

 

進撃の巨人

 

 

圧倒的な力をもつ巨人とそれに抗う人間を描いたファンタジーバトルアニメ。

見どころは巨人対人間の派手な戦いと残酷な戦闘シーン。

仲間がどんどん死んでいく…

原作の作画がちょっとアレなんでアニメで見た方が迫力のある戦闘シーンが見られると思う。特に立体機動の描写なんかはアニメの方が絶対にいい。

物語序盤の巨人の圧倒的な戦闘力と絶望感で第一話から心を鷲掴みにされた。

 

スポンサーリンク

男子高校生の日常

 

 

タイトル通り、男子高校生の日常を描いたギャグアニメ。

ネタによる当たりハズレはあるがハマればとことんハマる中毒性がある。

個人的なおススメは文学少女シリーズ

キャラクターがたくさん登場するのでネタにマンネリ感がなくテンポよく見ることができる。

男子高校生のあるあるネタが中心だが、今までありそうでなかった絶妙なところを攻めてくるセンスが素晴らしい。

 

刀語

 

 

伝説の刀を探して旅をする男女のお話。

原作が「物語シリーズ」の西尾維新だけあって、独特なセリフ回しや言葉遊びが特徴的。

12本の刀を集める話しを12話で終わらせる分かりやすいストーリー展開

一つの話しが非常に作り込まれていて魅力的なキャラクターと信念のぶつかるバトルは見ていて非常に楽しめる。

 

東のエデン

 

 

100億円を使って日本をよくしなければ死ぬというゲームに参加した人達のお話。

第一話の出来が素晴らしく引っ張られるように全話見た作品。

そして主人公の滝沢くんが非常にカッコイイ!

自由奔放でどこか憎めない。周りの人たちをどんどん味方にしていく滝沢くんの魅力もこの作品の見どころの一つ。

 

東京マグニチュード8.0

 

 

東京でマグニチュード8.0の地震が起こり、街は壊滅状態になる。その中で生き残った兄弟のお話。

最初に起こる地震の描写がリアルで圧倒される

作品のキャッチコピーである家族に会いたいと、初めて思った。の言葉通りに家族の絆をテーマとしている。

もちろん感動できる作品として仕上がっているが感動するだけでなく実際に「この規模の地震が自分が巻き込まれたらどうなるのか」と考えさせられるアニメ

 

闘牌伝説アカギ

 

 

伝説の雀士「赤木しげる」の若き日の伝説を描いた麻雀アニメ。

この作品の一番の魅力はなんといっても主人公アカギがカッコイイ

死を全く怖れないメンタルの強さ、相手の心を見透かすような悪魔じみた頭脳は男が見てもカッコイイ

麻雀アニメだが麻雀を知らなくても雰囲気で楽しめる作品なので見ていない人はぜひ、見て欲しい。

 

秒速5センチメートル

 

 

小学校、高校、社会人の三部で構成される恋愛アニメ映画。監督は「君の名は」の新海誠

小学校時代の初恋の相手と引き裂かれる距離と時間をテーマに描いている。

切ない物語に新海誠監督の作り出す映像美、そして山崎まさよしさんのOne more time, One more chanceがうまく組み合わさり、見ている人の心をグワングワンと揺さぶってくる

 

おわりに

この名作アニメが月額900円ちょっとでいつでも好きな時に好きなだけ見られるんだからいい時代になったもんですよ。

ハマり過ぎると僕みたいにGWをほとんど家で過ごすような人間になってしまうので注意してください。

最後までご覧頂き、ありがとうございました。

 

 スポンサーリンク

広告を非表示にする