書く力

やらなくていいことをするぐらいなら寝ていた方がいいんだもの。

老子の道徳経を分かりやすく現代風に翻訳してみた【Part9】

目次

第四十一章 一般受けは気にしない

できる人間はTAOのことについて学ぶとすぐに実践して継続する。

普通の人は実践したりしなかったりする。

できない人間は馬鹿にして笑いだす。

でもTAOってすごすぎてあんまり一般受けしないからそれでいいと思うんだよね。

馬鹿にされて笑われてるぐらいがちょうどいいって感じだね。

昔の人はいいこと言ったよ。

「本当にいい道っていうのは逆に暗く見えるし、心が安心する道は外から見ると不安定に見える。

本当にいい行いっていうのは深すぎて底が見えないから普通の人が見てもなんのこっちゃ分からない。

心がキレイな人は汚れて見えるし、自然体の人間はサボっているように見える。

素朴な人っていうのは自然の流れに身を任せているのでフラフラしているように見える」

本当に大きな器は出来上がるのが遅いし、本当に大切な声は耳には届きにくい。

TAOは見えないし形もないし名前もないけどそれはつまり、それだけ偉大なもんだってことだね。

上士は道を聞きては、勤めてこれを行なう。中士は道を聞きては、存(あ)るが若(ごと)く亡(な)きが若し。下士は道を聞きては、大いにこれを笑う。笑わざれば以(も)って道と為(な)すに足らず。故に建言(けんげん)にこれあり。明道は昧(くら)きが若く、進道は退くが若く、夷道(いどう)は纇(らい)なるが若し。上徳は谷の若く、広徳は足らざるが若く、建徳は偸(おこた)るが若し。質真(しつしん)は渝(かわ)るが若く、大白(たいはく)は辱(じょく)なるが若く、大方(たいほう)は隅(かど)無し。大器は晩成し、大音(たいおん)は希声、大象(たいしょう)は形無し。道は隠れて名なし。それただ道は、善く貸し且(か)つ善く成す。

第四十二章 減らせば増える

TAOは一を生み出し一は陰陽の二を産み出し二は天地や全ての物体を含めた三を産み出した。

だから全てのものの裏には陰陽が混じり合って調和している。

ところで、本当によくできた人間は自分のことを「大した人間じゃないですよー」って言うことある。けどそれって自分の背景に陰陽の調和があるって知ってるからなんだよね。

良いところもあれば悪いところもあるってちゃんと自分自身で分かってる。

ものごとっていうのは減らそうとすれば増えるし増やそうとすると減るっていうこともあるからね。

だから力任せに生きる人間はいつか必ずしっぺ返しが来るよ。

よく覚えておきな。

道は一を生じ、一は二を生じ、二は三を生じ、三は万物を生ず。万物は陰を負いて陽を抱き、沖気(ちゅうき)以(も)って和を為す。人の悪(にく)む所は、唯(た)だ孤(こ)・寡(か)・不轂(ふこく)なるも、而(しか)も王公は以って称と為す。故に物は或いはこれを損じて益し、或いはこれを益して損ず。人の教うる所、我も亦(ま)たこれを教えん。強梁(きょうりょう)なる者はその死を得ず。吾れ将に以って教えの父と為さんとす。

第四十三章 水最強!

水みたいな柔らかいものが硬い石に穴を空けてしまう。

柔らかいものは隙間なく淀みなく動くから最強なんだよね。

言葉にできない教えと欲求を満たそうとする行動をやめればこれ以上に得することはないよ。

天下の至柔(しじゅう)は、天下の至堅(しけん)を馳騁(ちてい)す。有る無きものは、間(すきま)無きに入る。吾れここを以(も)って無為の益あることを知る。不言の教(おしえ)、無為の益は、天下これに及ぶもの希(まれ)なり。

第四十四章 執着厳禁

富や名声と自分の体どちらが大切かよく考えてみな?

物に執着しすぎると必ずいつか失う日がくるよ。

お金を溜め込みすぎてもいつか失う日がくる。

自分が今、持っているもので満足することを知れば、新しいものが欲しいという欲はなくなるよ。

自分の身の丈をしっかり知ることが長生きするコツだよ。

名と身と孰(いず)れか親しき、身と貨と孰れか多(まさ)れる。得ると亡(うしな)うと孰れか病(うれい)ある。この故(ゆえ)に甚(はなは)だ愛(おし)めば必ず大いに費(つい)え、多く蔵(ぞう)すれば必ず厚く亡う。足るを知れば辱(はずか)しめられず、止(とど)まるを知れば殆(あや)うからず。以(も)って長久なるべし。  

第四十五章 完璧はつまらない

すごい完璧なものほどつまらなく見えるけどだからって壊れてしまうことはない。

真っ直ぐなものほど曲がって見えるし、最高の技術っていうのは不器用に見える。

本当に伝えたいことは口下手になってしまう。

動けば寒さに勝てるし静かにしていれば暑さにも勝てる。

清らかで静かにしていればこの世の王様になれるよ。

大成(たいせい)は欠くるが若(ごと)く、その用は弊(すた)れず。大盈(たいえい)は沖(むな)しきが若く、その用は窮(きわ)まらず。大直(たいちょく)は屈(くっ)するが若く、大功(たいこう)は拙(つた)なきが若く、大弁(たいべん)は訥(とつ)なるが若し。躁(そう)は寒(かん)に勝ち、静は熱(ねつ)に勝つ。清静(せいせい)は天下の正(せい)たり。