書く力

やらなくていいことをするぐらいなら寝ていた方がいいんだもの。

老子の道徳経を分かりやすく現代風に翻訳してみた【Part8】

目次

 

第三十六章 ツンデレ

縮めたいものがあるならまずはしばらく張ってみること。

弱めてやりたいならしばらく強めておくこと。

まぁツンデレみたいなもんだね。

ストレート過ぎても相手は引いちゃうからね。押して駄目なら引いてみろの精神だね。

本当の切り札は誰にもみせずに隠しておくことが一番、重要だね。

将(まさ)にこれを歙(ちぢ)めんと欲すれば、必ず固(しばら)くこれを張れ。将にこれを弱めんと欲すれば、必ず固くこれを強くせよ。将にこれを廃(はい)せんと欲すれば、必ず固くこれを興せ。将にこれを奪わんと欲すれば、必ず固くこれに与えよ。これを微明(びめい)と謂(い)う。柔弱(じゅうじゃく)は剛強(ごうきょう)に勝つ。魚は淵(ふち)より脱すべからず。国の利器(りき)は、以(も)って人に示すべからず。

第三十七章 欲張らず静かに

王様や偉い人がTAOを大切にするなら、周りの人たちは自分から勝手に調和に向けて動いてくれるよ。

「調和なんてしなくていいから、俺は俺の勝手にやるよ」って騒いでいる人はTAOによて静かにさせられちゃう。

TAOに従って欲張らないで生きることが一番、幸せに生きれる道だよ。

道は常に無為にして、而(しか)も為さざるは無し。侯王(こうおう)若(も)し能(よ)くこれを守らば、万物は将(まさ)に自ら化せんとす。化して作(おこ)らんと欲すれば、われ将にこれを鎮むるに無名の樸(ぼく)を以(も)ってせんとす。無名の樸は、それまた将に無欲ならんとす。欲あらずして以って静かなれば、天下将に自ら定まらんとす。

 

第三十八章 良い人アピールうざい

良い人っていうのは自分がいいことしてるって意識があんまりない。だからいい人って言われる。

あんま良くない人は「自分は良い人だ!」ってアピールしたがる。だから周りはいい人だなんて思わない。

良い人は自然にいい行いをしてあんま良くない人は良い人になろうとしてなにか行動をしたがる。

つまり世界中の人が本当に良い人ばっかりだったら「何がいいこと」かなんて話題にならない。みんなが無意識に良い人だから。

良い人になろうって頑張る人は頑張り過ぎていつか災いの種を生むことになる。

だからTAOと共に生きる人は自然の流れを大切にしてわざわざなにか行動を起こそうなんて思わない。

上徳(じょうとく)は徳とせず、ここを以(も)って徳あり。下徳(かとく)は徳を失わざらんとす、ここを以って徳なし。上徳は無為にして、而(しか)して以って為にする無し。下徳はこれを為して、而して以って為にする有り。上仁(じょうじん)はこれを為して、而して以って為にする無し。上義(じょうぎ)はこれを為して、而して以って為にする有り。上礼(じょうれい)はこれを為して、而してこれに応ずる莫(な)ければ、則(すなわ)ち臂(うで)を攘(はら)ってこれを扔(ひ)く。故に道を失いて而して後に徳あり。徳を失いて而して後に仁あり。仁を失いて而して後に義あり。義を失いて而して後に礼あり。それ礼なる者は、忠信の薄きにして、而して乱の首(はじめ)なり。前識(ぜんしき)なる者は、道の華にして、而して愚の始めなり。ここを以って大丈夫(だいじょうぶ)は、その厚きに処(お)りてその薄きに居らず。その実に処りてその華に居らず。故に彼れを去りて此れを取(と)る。

第三十九章 1からのスタート

みんなスタート地点は一緒だよ「1からのスタート」っていう言葉があるけどそんな感じ。

どんなに偉い人でも最初は偉い人じゃなかったし、社長だって最初から社長じゃなかった。

本当に偉い人に「あんたは偉いね」って言っても「自分なんて大したことないですよ」って言うのは自分のスタート地点が大したことないところからスタートしてるってことをよく知ってるから。

だから、自分がどこからスタートしたかっていうのを忘れて調子に乗っている人間はすぐに1からのスタートに戻されてしまうよ。

昔の一(いつ)を得る者、天は一を得て以(も)って清く、地は一を得て以って寧(やす)く、神は一を得て以って霊に、谷は一を得て以って盈(み)ち、万物は一を得て以って生じ、侯王(こうおう)は一を得て以って天下の貞(てい)と為(な)る。そのこれを致すは一なり。天は以って清きこと無くんば、将(は)た恐らくは裂けん。地は以って寧きこと無くんば、将た恐らくは発(くず)れん。神は以って霊なること無くんば、将た恐らくは歇(や)まん。谷は以って盈つること無くんば、将た恐らくは竭(つ)きん。万物は以って生ずること無くんば、将た恐らくは滅びん。侯王は以って貞なること無くんば、将た恐らくは蹶(たお)れん。故に貴(たっと)きは賤(いや)しきを以って本と為し、高きは下(ひく)きを以って基と為す。ここを以って侯王は自ら孤(こ)・寡(か)・不穀(ふこく)と謂(い)う。これ賤しきを以って本となすに非(あら)ざるや、非ざるか。故に誉(よ)を数うるを致せば誉(ほまれ)なし。琭琭(ろくろく)として玉の如(ごと)く、珞珞(らくらく)として石の如きを欲せず。

第四十章 弱さこそ強さ

世の中にあるものはいつか壊れるし生き物もいつかは死んで自然に戻る。

その自然に戻る働きがTAOの働き。

TAOは柔らかく弱い力でその働きを実行する。

強引に物を壊したり、生き物を殺したりしないで自然の流れでその働きを行う。

そしてまた新しい命を産んでいく。

反(かえ)る者は道の動なり。弱き者は道の用なり。天下万物は有より生じ、有は無より生ず。

 

広告を非表示にする