読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書く力

やらなくていいことをするぐらいなら寝ていた方がいいんだもの。

老子の道徳経を分かりやすく現代風に翻訳してみた【Part7】

目次

第三十一章 武器NG

武器っていうのは使わないことが一番いいね。

TAOを分かっている人は武器を使うような場面にはあまりいない。

昔の中国では左が上座で偉い人が座るんだけど、戦場では右の方がいい席なんだ。

武器はあんまり使わない方がいいって言ったけど、どうしても使わないといけないなら一瞬だけ使おう。

戦争に勝って喜んだり褒めたりするのは、人殺しを褒めたりしてるのと一緒だよ。

人殺しを褒めるような人間に天下は統一できないね。

さっきの話しに戻るけど、宴会の席では左がいい席だけど、戦争の場では右がいい席だよ。戦争では活躍してはいけないよ。

夫(そ)れ兵は不祥(ふしょう)の器、物或(ある)いはこれを悪(にく)む、故(ゆえ)に有道者(ゆうどうしゃ)は処(お)らず。君子、居れば則(すなわ)ち左を貴(たっと)び、兵を用うれば則ち右を貴ぶ。兵は不祥の器にして、君子の器にあらず。已(や)むを得ずしてこれを用うれば、恬惔(てんたん)なるを上なす。勝ちて而(しか)も美ならず、而るにこれを美とする者は、これ人を殺すを楽しむなり。夫れ人を殺すを楽しむ者は、則ち以(も)って志を天下に得べからず。吉事には左を尚(たっと)び、凶事には右を尚ぶ。偏将軍(へんしょうぐん)は左に居り、上将軍(じょうしょうぐん)は右に居る。喪礼(そうれい)を以ってこれに処るを言うなり。人を殺すことの衆(おお)きには、悲哀を以ってこれを泣き、戦い勝てば、喪礼を以ってこれに処る。

 

第三十二章 課長でいいじゃない。

TAOは永遠で終わりがないよ。しかも名前もない。

もし偉い人がTAOを大事にするような人間だったら、あらゆる人間が言うことをきいてくれるようになるよ。

木が削られて器になるように人間も国とか会社があって、初めて役職とか肩書ができるんだ。

肩書があるなら「課長じゃんなて部長がいいな…」なんて思わないで「いい課長」になることだけ考えていればいいよ。

それが不幸を避ける一番の方法だよ。

TAOがこの世界でどんな感じかっていうのは、例えるなら川が海に流れていくようなそんな感じ。

道は常に無名の樸(ぼく)なり。小なりと雖(いえど)も、天下に能(よ)く臣とするもの莫(な)きなり。侯王(こうおう)若(も)し能くこれを守らば、万物は将(まさ)に自ら賓(ひん)せんとす。天地は相い合して、以(も)って甘露(かんろ)を降し、民はこれに令する莫くして、自ら均(ひと)し。始めて制して名有り。名亦た既に有れば、それ亦た将に止まることを知らんとす。止まることを知るは殆(あや)うからざる所以(ゆえん)なり。道の天下に在(お)けるを譬(たと)うれば、猶(な)お川谷(せんこく)の江海(こうかい)に於(お)けるがごとし。

 第三十三章 他人と自分を知る

他人の気持ちが分かる人が知恵のある人だよ。

でも自分のことをしっかり理解している人はもっと知恵のある人だよ。

喧嘩で他人に勝つことより自分自身に勝てる人間の方がよっぽど強いよ。

自分の持っているもので満足できる人間は豊かな人間だよ。

努力を惜しまない人はいつか夢を叶える人間だよ。

自分がいるべき場所を間違えない人はいい立場にずっといれるよ。

そして、TAOと一緒に生きた人間は死んでも死なないよ。TAOは永遠だからね。

人を知る者は智、自ら知る者は明(めい)なり。人に勝つ者は力有り、自ら勝つ者は強し。足るを知る者は富み、強(つと)めて行なう者は志有り。その所を失わざる者は久し。死して而(しか)も亡びざる者は寿(いのちなが)し。

 

第三十四章 ほんと偉大だよ

TAOはいつでも自由でどこへでもいける存在だよ。

だからみんながTAOを頼りに生まれてくるけど、TAOはそれをめんどくさいとか言わないよ。

TAOは自分の仕事をしっかりやるけど、それを自慢したりはしないよ。

自分から偉そうにしたり自慢したりしないから皆はTAOのこと「小さい」なんて言うけどめちゃめちゃすごいことしておいてなんの自慢もしないなんてそれはもう「大」だよね。偉大だよね。

偉大なる「道」は水がどこまでも広がって行く様に、限りない恩恵を等しく万物にもたらす。万物はその恩恵によって生じるのだが、「道」はその事を自慢したりはしない。万物を慈しんで育てながら、それらを支配したりはしない。常に無欲なので、そのはたらきは小さく見えるかも知れないが、万物を受け入れながら支配をしないというあり様は、「偉大なもの」と言えるだろう。これらの事をよく理解している聖人も、自分から偉大な人間になろうとしないからこそ、「偉大なもの」でいられるのだ。

第三十五章 やっぱ見た目じゃないよ

TAOを大切にしている人間には、人がどんどん集まってくる。

しかも、集まってくる人はみんないい人で暖かくて平和な人たちばっかり。

いい音楽や美味しい料理にはみんな立ち止まってしまう。

TAOはパッと見は面白みもないし味気ないし淡白だ。

でも、どんなに使ったとしてもそれは決して無くなることはないんだよ。

大象(たいしょう)を執(と)れば、天下往(ゆ)く。往きて害あらず、安平太(あんぺいたい)なり。楽(がく)と餌(じ)とは、過客(かかく)も止(とど)まる。道の言(げん)に出(い)だすは、淡乎(たんこ)としてそれ味わい無し。これを視るも見るに足らず。これを聴くも聞くに足らず。これを用いて既(つく)すべからず。

 

広告を非表示にする