読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書く力

地方在住の29歳。独身。四柱推命で川端康成、芥川龍之介、太宰治、三島由紀夫と同じ星を持つというだけでブログを始めました。

人生における暇つぶしの重要性

雑記

人間の不幸などというものは、どれも人間が部屋にじっとしていられないがために起こる。部屋でじっとしていればいいのに、そうできない。そのためにわざわざ自分で不幸を招いている。
パスカル

最近、暇な時間の使い方についてよく考える。
平日は仕事をしているからあまり考えることはないけれど、仕事が休みでかつ何も予定がない時なんかは一日部屋でYouTube見たり、借りてきた映画を見たりして時間を潰す。

 

特別、映画やパソコンが好きなわけではない。

ただ、誰かと予定を合わせたり、お金がかからないという手軽さで選んでいるだけだ。

趣味のある人間が羨ましいと思う。
僕は無趣味な人間だからだ。
特に思い知らされるのは人に「あなたの趣味はなんですか?」と聞かれたときだ。
僕は自分が何が好きか即答できない。
そうなるととても自分が寂しい人間のように感じてしまう。

 

趣味のある人間は言う「趣味がなくて人生なにが楽しいの?」

なにが楽しくて生きているかなんてことは分からない。

ただ、いつもの日常を過ごし、その時々にあるちょっとしたイベントみたいなものに一喜一憂しているだけだ。

 

趣味も仕事も長い人生においては壮大な暇つぶしなんじゃないかと思う。

人間はなにもやることがないと大抵、ロクなことをしない。

パスカルの言う通りだ。

だからこそ、暇な時間をどのように過ごすかというのはきっと、とても重要なライフスキルなんじゃないかと思う。

僕が暇すぎてロクでもないことをする前にもっと有意義に過ごせる趣味を見つけたい。

 

 

広告を非表示にする