読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書く力

やらなくていいことをするぐらいなら寝ていた方がいいんだもの。

矢口真里さんの出演する日清カップヌードルのCM中止について思うこと

3月30日から放送していた日清カップヌードルのCMに矢口真里さんが出演。

CMの中で矢口真里さんが「二兎を追うものは一兎をも得ず」という発言をして学生に「これ実体験だよね」と笑われるという表現が不倫や虚偽を擁護しているとしているとしてクレームが発生。一週間足らずで放送が中止となり議論を呼んでいます。

 

詳しい内容はこちらから

www.huffingtonpost.jp

matome.naver.jp

 

賛否両論あるみたいですが僕の考えを雑記として書いていきます。

矢口真里さんの元旦那の中村昌也さんはどう思うのか?

まず一番最初に感じたことはこれでした。不倫の一番の被害者である中村昌也さんはこのCMを見てどう思うか?本当のところは分かりませんが、もし僕が中村昌也さんと同じ立場だったら非情に不快だと思います。とても不倫により人を傷つけた人が出演するような内容ではないと思います。また、中村昌也さんの立場になって意見する人がほとんど見られないことも疑問に思いました。

矢口真里さんの立場について

不倫騒動の後、一時休業していた矢口さんにとってこのCMはとても魅力的に思えたことでしょう。本人が台本を読んで「この内容、大丈夫かな…?」と思ったとしてもせっかく来たCMの仕事を断れず承諾してしまったのかもしれません。そもそも台本を読んで何も思わなかった可能性もありますが。

③日清の対応について

そもそもCMとは自社の製品をアピールして購買してもらうことが目的のはずです。

このCMが放送されてからネット上では様々な賛否両論の意見が交わされてきたと思いますが本来の目的からすれば賛否両論があってはいけないんです。

冒頭のリンクで紹介したまとめ記事では

松本人志さん→叩かれるうちが花。クレームを出している人の人数を調べたい

ふかわりょうさん→反対の声ばかり目立って、表現の幅が狭くなっている

長谷川アナ→ノイジーマイノリティーを相手にしてどうすんの?

茂木健一さん→この程度の演出で批判が来て中止になるのか

などと日清のCM中止について反発的な意見がありますが、日清からすれば

そんなことどうでもよくて、あのCMを放送することで自社の製品が売れるかどうかが一番重要なわけです。

批判があり、それが引き金となり自社の製品の売上を落とすような可能性のあることは排除していくのが当然であり、CM中止は至極、当然の判断のように思います。

最後に

矢口真里さんの芸能界復帰について反対していませんが、今回のような内容のCMは断るべきだったのかなと思います。また今回のCMにあてられたクレームに関しても不快に思う方がいてもなんら不思議ではない内容だと思います。そしてその意見を受け止め放送を中止した日清の対応もなにも問題はないと思っています。

広告を非表示にする