書く力

やらなくていいことをするぐらいなら寝ていた方がいいんだもの。

【運とつきあう】幸福になるための第13の方法 「運命の相手」に出会う

マックス・ギュンターさんの著書【運とつきあう】より幸福になるための第13の方法「運命の相手」に出会うをまとめました。

 

・「運命の相手」は友人以上の存在だ。友人は気が合うとか、一緒に楽しめる人たちのことだ。ときには友情を愛情と言い換えていいほど親密な友人関係もあるだろう

・とはいえそに人物があなたの人生の方向や運勢を左右することがないのであれば、やはり友人以上ではない。

・配偶者も例外ではない。誰でも、自分が結婚した相手こそ「運命の相手」だと考えるだろう。現実には必ずしもそうではない。

・人はどんなふうに「運命の相手」に出会うのだろうか。それは、「まったく思いがけなく」というほかない。

・では運命の相手と出会う可能性を高めるにはどうしたらいいか?それは

【運とつきあう】幸運になるための第二の方法 「人の流れ」に飛び込む - 書く力を実践することだ。

・運命の出会いは、一方がもう一方を探していたから実現することもある。最終的には運が出会いを左右するにしても、積極的に行動することでよって幸運に出会う可能性が高まるのだ

・もしも自分にとって「運命の相手」になるかもしれない人物。出会った瞬間にポジティブなインスピレーションを感じる人に遭遇したらそのまま立ち去らせてはいけない。何とかして関係をキープして、その関係がどのように発展するかを見極めるのだ。そんなチャンスは二度と来ないかもしれないから

 

広告を非表示にする