読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書く力

やらなくていいことをするぐらいなら寝ていた方がいいんだもの。

部活の顧問と部活の存在意義について思うこと

f:id:kirin0817:20160404191505j:plain

netaatoz.jp

matome.naver.jp

部活の顧問について

部活の顧問ってほんと大変ですよね。
僕も中高と部活やっていたけど、その時は顧問なんて当たり前にいるもんだと思ってたいたなー。


感謝の気持ちなんてものはあんまり感じていなかったですね。

 

 

いざ自分が社会人になると休日出勤なんて絶対したくないって思います。
それでもわざわざ来て、練習してくれたり遠征や大会に来て色々やってくれるんだから本当に今になって感謝の気持ちが湧いてきますね。

 

感謝したいときに部活なし。

 

ちょっと話題、変わるけど僕が前の職場で旦那さんが中学校の先生でサッカー部の顧問をしているって人と話すことがあったんだけど、その奥さんは旦那さんが部活の顧問することに猛反対していましたね。
「休みの日にはほとんど家にいない。これから子どもも生まれるのに…」って寂しそうな顔してましたよ。

確かに、僕が中学校の時の部活の顧問もあまりにも部活に精を出しすぎて息子がグレてるなんて話もありましたね…その時は「さっさと家に帰ればいいのに」なんて思ってましたけどね。

で、こういう話になると、必ず「部活をやる理由」みたいな話になるんで、一応僕の考えも書いておきたいと思います。

部活をやる理由

僕が思う部活をやる理由は

「どんなに努力しても敵わない相手がいるということを知ること」
ということですね。

部活って基本的に上を目指していくものだと思うんですが優勝できるのは1チームだけであとは遅かれ早かれ負けるわけです。
全国クラスになると努力してるのは当たり前なレベルでチーム内でも競争がある。でも、どんなに努力しても敵わないものってあるんですよね。まずはそういうものが世の中にあるってことを知るいい機会なんじゃないかと思います。世の中の不公平さを知るっていうかね。上には上がいるみたいな感覚。スラムダンクを例にすると自分は桜木か流川になれると思っていたけど、いざやってみたら、木暮どころか安田だったとという現実をいかに受け止めるかこれが重要なんじゃないかと思います。

だからこそ、僕は部活は遊びじゃなく真剣にやった方がいいと思っています。

言い訳できないぐらい努力してコテンパンになった方が後々、いい経験になると思うので。

 

あとがき

部活の顧問の苦労を軽減することと僕が思う部活のあり方を両立するのは大変だと思います。

中高生の全力に付き合える顧問の先生ってなかなかいないと思うので。

学校でやらずに地区とかでやればいいんじゃないですかね?スポーツクラブみたいな感じで月謝を払ってね。やはりなにかをするときにはコストがかかるのが当たり前だと思うので。

終わり。

広告を非表示にする