書く力

やらなくていいことをするぐらいなら寝ていた方がいいんだもの。

【TED】ロバート・ウォールディンガ−:人生を幸せにするのは何?

 

「幸せにするのは何?」

人はみな幸せになろうとしています。しかし、なにが自分を本当に幸せにしてくれるかを知っている人はあまりいないと思います。

 

そんな誰もが考えるテーマについて75年間に渡り724人の男性を追跡し幸福と健康の持続にはなにが必要なのかを研究したロバート・ウォールディンガ−氏のTEDでのスピーチをまとめました。

 

奇跡的に成功した実験

ハーバード成人発達研究は史上最も長期に渡って成人を追跡した研究です。普通このような研究は資金の調達難や研究者自体の死去により途中で中断されることが多いそうです。スピーチをしているロバート氏は4代目の研究責任者で追跡を開始した724人のうち60人が健在でほとんどが90代で今も追跡を続けています。

この研究では単なる質問状を送り回答してもらうだけでなく、本人の家で直接話したり血液検査を含む医療記録をもらったり、彼らの家族にも話しを聞くという大変大掛かりなものでした。

 

健康と幸せをもたらすものはなにか

75年間に及ぶ研究で何万ページにも渡る資料から分かったこと。それは私達に健康と幸せをもたらしてくれるのは富でも名声でも、がむしゃらに働くことでもなく「良い人間関係」につきるということでした。

 

人間関係に関しての3つの教訓

① 周りとの良好な関係は健康に本当に良いということ

孤独は命取りで家族、友達、コミュニティとよく繋がっている人程幸せで身体的に健康で繫がりの少ない人より長生きするという事が分かりました。孤独は害となるという研究結果が出たのです。孤立化を甘んじて受け生活している人はあまり幸せに感じていないのです。中年になり健康の衰えは早く脳機能の減退も早期に始まり孤独でない人より寿命は短くなります

 

② 50歳で最も幸せな人間関係を築けた人が80歳になっても最も幸福

50才の頃に得た彼らのデータを全て集めてみると中年のコレステロール値等とは関連性はなく、どの様な老年を迎えるかは当時の人間関係の満足度で予測される事が分かりました。50才で最も幸せな人間関係にいた人が80才になっても一番健康だったのです。親密な良い関係がクッションとなり加齢過程での様々な問題を和らげてくれてるようです。 中でも特にパートナー共に幸福だと感じていた人達は80代になり身体的苦痛があっても精神的に幸福だという報告が出ています。しかし不幸な関係にある人達は身体的苦痛がある日には精神的苦痛でその身体的苦痛が更に増幅されていました。

 

③ 良い関係は身体だけでなく脳も守ってくれる

なにかあった時に本当に頼れる人がいると感じている人の方が記憶がはっきりしています。一方で頼れるパートナーが全くいないと感じている人は記憶障害が早期に表れます。 

 

最後に

この研究の参加者の多くは彼らが青年期に入った時、名声や富や業績が良い生活をするには必要なものだと本当に信じていましたが、75年もの間我々の研究で繰り返し繰り返し示されたのは、最も幸せに過ごして来た人は人間関係に頼った人々だという事した。それは家族、友達やコミュニティだったり様々です。

家族や友人、仕事仲間と関係を両立させていくのが難しいことです。地道で死ぬまで終わることはない。しかしいい人生を作るのにいい人間関係は不可欠です。

TVやパソコンの前に座る時間を人と会うために使う。しばらく会っていない家族に久しぶに電話してみるのはいかがでしょうか?

 

広告を非表示にする