読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書く力

地方在住の29歳。独身。四柱推命で川端康成、芥川龍之介、太宰治、三島由紀夫と同じ星を持つというだけでブログを始めました。

【運がいいとき「なに」が起こっているのか?】第三章 なにをするにも必要な「お金」を確実に引き寄せる方法まとめ

運がいいとき「なに」が起こっているのか?

石田久二さんの著書、運がいいとき「なに」が起こっているのか?第三章、なにをするにも必要な「お金」を確実に引き寄せる方法をまとめました。

 

お金が欲しければ、エネルギーの出し惜しみをやめなさい

・社会に与えたエネルギーの多くが、お金として返ってくる

・大きなエネルギーを出せば、それだけ大きなエネルギー(例えばお金)が入ってくる

・与える人はどんどん豊かになるし、逆に奪うことだけ考える人は、借金と同じくたくさん利息を取られて貧しくなる

 

 

宇宙は青春が大好き

・青春=感動のある人生

・青春して心をブルブル奮わせて、感動の涙を流して頑張っている人間を応援、そして豊かにするようだ

・まずは自分が感動しないとね。じつのところ、オレ自身もなにかする理由って、そこに感動があるかどうかしかない

 

 

 

あなたは、本当はお金が好きじゃない?

・「日本におけるお金(お札)の正式名称はなんですか?」→多くの人はお金が好きと言いながら、普段からきちんと見ていないわけ。・お金って多くの人が好きと言いながら、深いところ、潜在意識のレベルでは必ずしもそうじゃないわけよ・いまの段階ではその自覚だけあればいい。

 

 

お金が必要なら「天使」にお願いだ!

・「預金通帳に欲しい金額を書き込む」というテクニック

・つまり「超意識」にお願いすれば、割とかなえてくれるもの

 

 

必要なお金を引き寄せる請求書の作り方

・とにかく超意識は漠然を嫌う。なのでまずは欲しい金額を明確にすること。

・そして自分がやりたいこととそれをするのに必要な金額を請求書として書いておく。この請求書はしっかりと超意識に届くから、あとは「忘れたこと」に引き寄せられるのを待つだけだ。

 

 

なぜ大きすぎる夢はかなわないのか?

・請求書はそれが本当に心の底から欲しいもので、そのための具体的なアクションを少しでも起こしているならいい。でも、大きすぎる夢のほとんどの場合はそうじゃない。

・劣等感や虚栄心から出てくる願いは、胸に手をあてると呼吸は浅くなり、胸はキリキリと痛みはじめ、眉間のしわを深めるだけだ。

・金額を書き込んだ紙は「本棚」にしまっておけばいい。本棚は「ぬか床」のようなもの。食べごろになったら自然とやってくる

 

 

お金と仲良しになる最初の一歩

・「財布に10万円入れておく」

・お金が「ない」をインプットしてしまう危険を防ぐ。潜在意識に「お金がない」とインプットしてしまうと、そのような現実を強化してしまうから。

・お金と仲良しになるには、日常生活から「ない」を除去すること

 

 

「感謝すればお金が儲かる」はある数式で証明できる

・お金に対する「感謝」は、使う時に自然と表れるもの。

・感謝価格(自分が思う値段)−実際の価格=潜在価格

・お金を使う時に常に感謝する習慣のある人は、プラスの潜在価格が現実に引き寄せられ、使えば使うほどお金がやってくる

 

 

行動するためには奴隷になればいい!?

・幸運を引き寄せた原動力が、まさに恐怖だった。

・人は恐怖にのみ生きる存在ではない。とはいうものの、恐怖を利用する手を最初から捨てることもない

・ストレスを自己成長に役立てる

 

 

たった一夜にしてお金に困らなくなった秘密

・幸運を引き寄せるためのふたつ目の方法が「喜び」

・喜びの感情が強烈であればあるほど、現実を引き寄せやすくなる

 

 

1日5分の妄想は現実になる

・やりたいことをやるための必要金額を書いた紙を見ながら、それが叶ったときを「妄想」する。この「妄想」は1日5分でいいので、習慣にするといい

・そして妄想するときは自分以外の誰かと喜びを分かち合ってるところも一緒に妄想するとなお、いい。

 

 

スピリチュアルテクニックが効果ある人、効果がない人

・引き寄せたいものを願ったらきちんと働くこと。普段通りに行動すること。

・スピリチュアルテクニックを知って

①大丈夫だから行動する

②大丈夫だから行動しなくていい に分かれる。

・行動しないことを正当化するものじゃない。どんどん行動量を増やすからこそ、「あの世」からも好かれて効果が抜群になる。 

 

 

お金はあなたの心を映す鏡

・引き寄せたいものを願ったら「気にしないこと」

・必要十分なお金を引き寄せるには、常に「ある」の状態でいること

・「お金」とは自分自身の心を映す「鏡」である。手にできるお金を決めるのは。自分自身の心でしかない。