書く力

やらなくていいことをするぐらいなら寝ていた方がいいんだもの。

【運がいいとき「なに」が起こっているのか?】第二章 ストレスをぶち破り、運を加速させるエネルギーの出し方・使い方

石田久二さんの著書『運がいいとき「なに」が起こっているのか?』

第二章 ストレスをぶち破り、運を加速させるエネルギーの出し方・使い方をまとめました。

 

 ザワツキに立ち向かう力、エネルギーとは?

・願いをかなえたいならば、人生を加速させたいならば、超意識のサインを受け取るしかない。ザワツキに立ち向かうしかない。

その力がエネルギー

 

合言葉は「どんなことでもやってみよう」

・どんなに小さなサインであっても、まずはやってみる。

・目的を思い浮かべる。例えば「結婚」であれば→結婚相談所に登録する。周囲に恋人募集中と言いまくる。お見合いするetc…

・思いついてしまったら、とにかくどんなことでもやろう!

 

 

シャッターを閉めたらそれでおしまいだよ

・願いをかなえる人に共通することがある。それはシャッター(自分への制限)を閉めなかったことだ。・願いがかなうように行動しても実際は思い通り「すぐ」にことが運ぶわけでなく、「超意識」的な成長が意図されることもある。しかし、重要なのは、どんなに思い通りにならなくても、けっしてシャッターを閉めないこと。・「かなわなかった」と結論づけるのではなく「これはなにかある」と思い、意識を広げてみよう

 

 

ストレスは身体に悪い?それともよい?

・「どんなことでもやってみよう」を合言葉に行動するとストレスが半端ない

・健康心理学者のケリー・マグゴニガル氏の研究によると、たしかにストレスが健康に悪影響を与える側面はあるが、それは「ストレスは健康に悪い」と信じている人に限るという。

・ストレスはエネルギーなんだ。ザワツキには必ずストレスがともなう。そこで「ストレスは最高だ!」と思うだけで、それがエネルギーに転化することを発見したのだ 

 

 

経営者に聞いてまわった「絶体絶命のピンチ脱出法」

・人生の、そして仕事の先輩に聞いてまわった結果、共通するメッセージがあった。それは「最後は気合!」ってこと

・バカ(アホ)になりきって叫ぶ。これを本気でやると瞬間的であれ劇的に体感が変わってしまう。それがエネルギー 

 

 

「声」を出せば出すほどエネルギーがチャージ

・声はエネルギー。男も女も、堂々としたよく響く声はとても魅力的。基準は声の大小ではなく、「響き」を重視すること

・声は出せば出すほど、響きがよくなるし、出さなければどんどん劣化する。

 

 

願いをかなえたければ「目」をひんむけ!

・声と同様、目にもエネルギーが宿っている。・目をひんむくことでエネルギーが放出され、声にも魂が宿るようになる。

 

 

あらゆるエネルギーを吸い取る感情とは?

・もっともエネルギーを奪い取る最悪級の感情とは「羞恥心」・恥ずかしいという感情にとらわれると、エネルギーは低下し、身体も動かなくなる・いかなる場合でも、照れや羞恥心が役にたつことはない

 

 

アフォメーションが逆効果なとき

フェラーリが欲しいときのアフォメーションは「フェラーリを買うぞ!」でもいいけど、目の前に誰かいる気持ちで「フェラーリを買ったんですよ!」と言うともっといい

 

エネルギーを持続させるには「腹」を決めろ

 ・目と声だけだと、エネルギーが上半身に集中してしまって、足が地面から離れそうになる

・「下半身にエネルギーを集中させてバランスをとる」

・気がついたときに腹(丹田)に意識を向けて、付け加えるなら、生きを長く吐いて、身体をリラックスさせるといいね

 

 

密教が知っていたエネルギーの秘密

・エネルギーを効果的に使うには、声と目で多くく膨らませて、腹で受け止める。

・目を見開いてかなえたい願いを見つめ、その願いを「声」にだし、そして「腹」を決めて動き出す

・「やったー!◯◯がかなったぞ!!」と完了形で叫ぶ。エネルギーを意識して、1回だけ渾身の叫びをあげる。1回やれば3ヶ月はやらなくていい。

 

 

身体がブルブル震えるような恋をしていますか?

・アラフォー結婚が決まる人は10代、20代に負けない「恋する気持ち」を思い出すところから、女性としてのエネルギーが高まり、どうやらそのエネルギーが男性を魅了しているようなのだ。

 

 

いい人生を歩んでいけばそれでいい!

・著者が大学卒業後にインドを放浪しようとした時に予備校時代の牧野氏の言葉「こういう人は、この世でうまくいくかどうかは分からないけども、間違いなくすごい面白い人間になって、絶対に良い人生を歩んでいく」

  

広告を非表示にする